×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソフトバンクの携帯料金の4つのプラン

ソフトバンクの携帯料金のプランには機種を3Gを使用するならば、オレンジ・ブルー・ゴールド・ホワイトの四つのプランがあります。

ソフトバンクのオレンジプランはauの携帯料金プランの200円引きですし、ブループランは同様にDoCoMoの携帯料金プランの200円引きになります。ゴールドプランならば、ソフトバンクのオリジナルな携帯料金プランで21〜25時までは月200分までソフトバンク同士の通話とメールが無料になります。

そして、ホワイトプランが月額980円で1時〜21時までソフトバンク同士が無料通話になります。

ソフトバンクの携帯の機種変更をする場合の注意点

ソフトバンクの機種変更する場合の携帯料金は少し注意する必要があります。まずは、注意点としては新スーパーボーナス価格で買うか通常販売価格で買うかを選ぶことになります。

新スーパーボーナスって何?と思われるかもしれませんが、通常価格とは違って分割して支払い購入する携帯料金形態です。2年間で分割するならば、24回払いになり通常価格で購入するよりも安く買えます。しかも、新スーパーボーナスのソフトバンクの携帯料金支払い方法ならば、加入していれば、年間で支払うようなサービスならば、解除料が免除になるので、年間のサービスを使用している方にとってもお得です。まあ、大抵のお店ではソフトバンクの携帯料金支払い方法は通常販売価格ではなく新スーパーボーナスを採用しているので、それほど問題はないと思います。

新スーパーボーナスを採用しようと思っている方はこれらのことを頭に入れて導入するといいです。

ソフトバンクのホワイトプランの明細

ソフトバンク携帯料金のプランにはホワイトプランがありますが、最初はゴールドプランの影響もあり怪しかったのですが、今日では加入者が多くとても人気なプランとなっています

。基本的にはソフトバンクのホワイトプランはとても単純な料金形態で、他のプランと比べてもかなりお得なプランだと言えます。月額980円で1時〜21時までソフトバンクの携帯同士は完全無料で通話することができます。しかも、ホワイトプランの回線を他の回線と組んで家族割を適用することも可能なのです。ただ、その場合はホワイトプランの980円の割引はされることはないので、注意する必要があります。

唯一のソフトバンクのホワイトプランの問題点は新スーパーボーナスのこんなにも安いので特別割引額が減る可能性があると言うことでしょう。つまりあまり通話をしないと言う方は通話料金と比較して携帯端末全体のそう支払い金額にまで影響が出てきてしまうと言うことです。ただ、ソフトバンクのゴールドプランのときのように裏があるというわけではないので、大丈夫です。